1 概要[編集 | ソースを編集]

YouTube(ユーチューブ)は無料動画配信プラットフォーム。

2 YouTuber[編集 | ソースを編集]

YouTuberリストは以下のリンクへ
Category:Youtuber

3 炎上[編集 | ソースを編集]

3.1 低評価制度[編集 | ソースを編集]

  • 2021年11月10日、YouTubeが低評価数を非公開に切り替えると発表しました。この変更は10日から順次適用されます。

低評価ボタンは表示したままで、低評価のカウントを非表示にしたところ、クリエイターへの嫌がらせが減少することが確認できたとのこと。実験では、小規模なチャンネルのほうが攻撃の対象になりやすいことも分かったそうです。この結果を受け、YouTube全体で低評価数を非公開にすることを決定したとしています。変更は11日から実施され、徐々にYouTube全体に適用されていくとのことです。低評価数は非公開となりますが、低評価ボタン自体は据え置かれます。また、クリエイター自身は、YouTube Studio(管理画面)で引き続き低評価数を確認することが可能です。

これに対してはYouTuberの間では文字通り賛否が分かれている。 1500万人の登録者数を保有しているMarques BrownleeもサーチエンジンとしてのYouTubeの魅力の減少やクリエイターがフィードバックを受けれないという理由で反対している。 あんまりSNS社会の教育が進んでいない国では、「低評価ボタンがなくなればみんな平和になる!だからYouTubeの政策に賛成だ。」という意見がシンプルに多い。 しかし、そういう簡単な話じゃない。特にIT企業の政策が肌で感じるアメリカなどはこちら件に対して敏感にならなざるを得ない。 実際「低評価」ボタンをなくして「高評価」ボタンだけ残すと、議論の余地があるコンテンツよりは感情的で極端なコンテンツが広まるようになる。 例えば、政治においては「わかりやすい左派」、「わかりやすい右派」がネット上注目されるようになり、結果今のアメリカの政治的極端主義の生成を促すようになった。