防弾少年団
방탄소년단
Bts.jpg
略称 BTS
国家 大韓民国
ジャンル ラップヒップホップ、ダンス、バラード、エレクトロニック、R&B
デビュー 2013年6月13日
年齢 8周年
デビューアルバム シングル1集 2 COOL 4 SKOOL
事務所 BigHitエンターテインメント
ファンクラブ ARMY
リーダー RM
メンバー
ジン(JIN), シュガ(SUGA),ジェイホープ(J-HOPE),RM,ジミン(JIMIN),ブイ(V),ジョングク(JUNGKOOK)


1 概要[編集 | ソースを編集]

2013年にデビューした大韓民国の7人組アイドルグループ。 国内外を問わず世界的に大きな人気を博し、現世代K-POPの代表アイドルグループとして評価されている。

BTSという名前には「防弾は"銃弾を防ぐ"という意味がある。 10代が生きていく中で経験する辛いこと、偏見と抑圧を我々が防ぐという深い意味を込めた」と話した。

2 人気及び影響力[編集 | ソースを編集]

2013年6月13日、シングルアルバム『2COOL 4 SKOOL』でデビューした。 2015年、2016年に「Dope」、「FIRE」と「血、汗、涙」の活動でファンダムが大きく形成され、2017年「Spring Day」、「DNA」の活動で韓国トップクラスのアイドルとしての地位を固めた。 2017年BBMA「TopSocialArtist」賞の受賞を皮切りに、国内外で数多くの記録を打ち立て、世界的に名を広めており、特にこれまでK-POPの不毛の地だったアメリカ、西欧で特に人気を集めている。 2020年9月には「Dynamite」で韓国人としては初めてビルボードホット100で1位を達成、K-POP初のグラミーアワードにノミネートされ、2020年11月には『BE』と『Life Goes On』でビルボードの主要チャート1位を同時に席巻した。 俗にいう"中小の奇跡"の代表者。海外活動を念頭に企画されたアイドルではないにもかかわらず、2017年からYouTubeやビルボード、iTunes、UKチャート、オリコンなど海外の人気関連記録でK-POP最大、最高のアウトプットを記録している。 2020年現在、国内·海外合わせてK-POP関連記録更新に最先頭を走っている。BTSがこの時代のアイコンであり、ビートルズ、ソ·テジワアイドルを継ぐ未来のクラシックになるだろうという記事が出るほどだ。

2019年10月、BTSが46億5000万ドル(約5兆5283億ウォン)の国内総生産(GDP)を創出するとの記事が報道された。 米CNBC社の記事によると、BTSは次の10年間、韓国経済に37兆ウォン以上の価値をもたらすと推定されるという。 また、「Dynamite」でビルボードホット100で1位になったことにより、韓国にもたらす経済効果は少なくとも1兆7千億ウォンに上ることが明らかになった。 いわゆる「歩き回る大企業」と言ってもいいほどで、実際に多くの韓国メディアも彼らを「歩き回る大企業」という用語で修飾する。

3 メンバー間の相性[編集 | ソースを編集]

  • ヒョン(兄)ライン(RM&ジン&シュガ&ジェイホープ):文字通りBTSの型ライン。理性的で冷徹な組み合わせだが、団結すれば意外な穏やかさと虚しさを見せてくれる。 ジンのオヤジギャグを受け入れない組み合わせでもある。
  • 末っ子ライン(ジミン&ヴィ&ジョングク):ビーグル美あふれる組み合わせだ。慶尚道出身という共通点があり、95年生まれのジミンとヴィと戯れるジョングクの姿が特徴だ。活発なジミンとヴィ、そして彼らに染まったジョングクの茶番とパワーダンスなどを見ることができる。 この活発さのおかげで、多くの歌手の間でもはっきりと区別ができるが、よく見た時、落ち着いた姿勢でいたり、トーク中心の姿を見せたりすれば、兄ラインや手足が上がっていたり、席を立っていたり、大笑いしながら拍手をしている「末っ子ライン」だ。 それでも兄は兄なのか、95ズにはジョングク一人だけの弟メンバーなので、ジミンとヴィがジョングクを可愛がる姿をよく見かける。
  • ボーカルライン(ジン&ジミン&ヴィ&ジョングク):音色富豪バンタンのボーカルライン。 茶目っ気が多く活発な4つで、集まっていると騒々しいが、ラッパーラインに比べてよく団結する方ではない。 年齢に関係なく、お互いの色を認め尊重し合う姿を見せる。
  • ラッパーライン(RM&シュガ&ジェイホープ):アルバムの内外を問わずよく見られる組み合わせで、3人が一緒に作った作業物もよく見られ、「走れバンタン」などで1チームとしてもよく縛られる。 頭脳派でありながら理性的なRM、重厚に中心を取るシュガ、ムードメーカーのジェイホープで、3人のキャラクター性が確実なので、ゲームをしてもクイズを解こうがジャンルに関係なく、すばらしい成果を見せてくれる。
  • ダンスライン(サムジェイ)(ジェイホープ&ジミン&ジョングク):ラッパーラインと同じくらいよく見られる組み合わせ。 ダンスブレイクやダンスの中心、授賞式の単独ダンス舞台などを担当し、ツイッターにも短い映像をよく掲載する。 ファンは主に「技のジェイホープ、優しいジミン、力のあるジョングク」と言うが、最近は3人の長所がお互いに適切に組み合わさっているようだ。 弟たちをとても可愛がるジェイホープなので、ジミンとジョングクのいたずらに合わせて ダンスの練習に入ると真剣になる3人の姿が見られる。 「サムジェイ」という名前は、ファンミーティングで Jホープ、Jミン、Jグクにちなんでつけたもの。 最近、ヴィも非公式ダンスラインとして認められたようだ。
  • ジジンジョン(ジン&ジミン&ジョングク):名前の意味はジミン+ジン+ジョングクでVアプリ 最強の笑いのボタンの組み合わせだ。 まず、この組み合わせでVappライブをすれば レジェンド放送が出る。 主にジミンは収拾担当で、長兄のジンと末っ子のジョングクが口げんかをする。 笑いの壁が低いジミンがジンのオヤジギャグに笑うと、政局は真顔になる姿が圧巻。 非公式の酒メンバーでもある。 コンサートが終わったらジミン、ジンに 「お酒を一杯飲んでください」~"すると。 ジンの話によるとジミンとジョングクが ご飯を自然にジンの部屋にさせるそうだ。 一番有名な場面はバン·シヒョクであいうえお作文を作ったり、チ·ジンジョンであいうえお作文を作ったりしてしりとりしたことだ。
  • バミューダライン(ジン&ヴィ&ジョングク):BTSの公式ビジュアル担当はジンとヴィだが、大体ビジュアルラインと言えばジョングクまで含めてこの3つがよく言及される。[28] ジンとヴィ、ジンとジョングク、ヴィとジョングクが 2人ずつで集まる時は、溢れるテンションを 持て余すお笑いコンビになるが、2人じゃなくて3人で集まる時は状況が変わる。 子どもっぽいチョディングズが言うことを聞かないと、長兄のジンがため息をついて彼らをコントロールする姿が見られる。 「走れ!バンタン」102~103回アバター料理王編では、金ソク長いチームにまとめられ、陣を筆頭にヴィとジョングクがアバターになって相性がよくなり、優勝まで獲得した。
  • 94ズ(RM&ジェイホープ):互いに助け合う。 練習生の時から長い付き合いで、お互いを非常によく知っていて、本当の友達のような姿を見せてくれる。防弾の精神的支柱でもある。 リーダーはRMだが、そのRMが直接 「ジェイホープが実質的リーダー」と言うほど。 実際、「防弾ボム」などビハインドエピソードなどを見ると、ダンス関連の指示はジェイホープが出しており、授賞式でダンス関連賞をもらうと、ジェイホープが感想を言えるようにRMが席を提供してくれる。 2019フェスタ映像である防弾屋根裏部屋ではRMが言うには ジェイホープがいつも途中でメンバーたちは 気遣ってくれる人だと言ったりもした。 同い年であるだけにとても親しいが、どういうことかジェイホープは一番ぎこちないメンバーとしていつもRMを取り上げる。 しかし、だからといって親しくないわけではなく、むしろ相性がとてもいい組み合わせだ。 防弾少年団の初期の練習生だっただけに、10年以上一緒に暮らしてきたチャンバがよく現われる方 一例として、ジェイホープがメンバーから <「君と結婚したい」と言われる>ミッションを進行する時、 唯一ジェイホープの意図に気づいてミッションを成功させた人がRMだ。 ジェイホープ曰く、自分はRMの目を見ても何が言いたくて、どんな感情で、今どんな状態なのか分かると。 お互いの実力とラップ、ダンスなどそれぞれの領域を完璧に尊重しており、性格的にも親しいと同時に慎重に配慮する姿を見せている。
  • 95ズ(マンダコーズ)(ジミン&ヴィ):慶尚道(キョンサンド)出身95年生まれの同い年のメンバーたち。 お互いがお互いチームメートであり唯一の友達なのでとても親しくてお互いにたくさん頼る。あまり親しいので、時にためらいもなくいたずらもし、ディスもする。 デビュー当初、ラジオでジンが一番不細工なメンバーとしてヴィを挙げた時、誰も共感しないと、ジミンが「私は共感するんですけど。 あなた、不細工です」など。同じく同い年の大人の友情だとすれば、こちらはただ小学生のように遊ぶ。 しかし、ジミンがハンサムだという言葉に、あざ笑うメンバーを「ヴィ」といいながら、お互いに「ディス」しながらも、団結しなければならない状況になれば、大変励ましてくれる。 ヴィはジミンに自分がトイレで一人で泣いている時、ジミンに気づいて自分の話も聞いてくれて、力をくれてありがとうと手紙を書いた。 この手紙を読んで涙を流したのはおまけ。 初期には『マンダコ』というタイトルの東南方言特集(?)個人放送も行った。 しかし、16年、ヴィが演技活動のため、ソウルの言葉に集中しなければならないと、不参加を宣言した。 ジミンも「もう自分は正確なソウル言葉を駆使するソウル男子」と、マンダコをこれ以上進めないと宣言。 ここにこの放送は廃止の危機を迎えることになるが...その代わり、ジミンがツイッターにツーショットを頻繁にアップし、「走れ!バンタン」でも同じチームになるケースが多い。 お互いに意見調整が出来ず、ゲームの結果が山に向かうのが95ズチームの醍醐味。 正規4集「MAP OF THE SOUL:7」で15番トラックの「チング」を一緒に歌ったりもした。

4 特徴[編集 | ソースを編集]

BTSは本来ヒップホップ音楽をコンセプトに構成されたグループなので、他のボーイズグループと比べると、ボーカラインのメンバーよりラッパーラインのメンバーがより注目される傾向がある。 結成当初はRMを中心にヒップホップグループでデビューしようとしており、振り付けよりは歌とラップに集中するコンセプトを持っていたという。ビンジノ、ベーシック、アイアン、レディ、ロコなど現在活動する有名ラッパーをはじめ、約30人の練習生がプロジェクトを経て、コンセプトを大きく変えた後、今のアイドル形式になった。ほとんど底から始まったボーカルラインよりすでにラッパーとしての経歴があったラッパーラインの実力がもっと良いと評価されたり、曲全般的にラップの比重がかなり高い。 そして、ほとんどのメンバーが作詞·作曲能力を備えており、シンガーソングライターとしての面貌を見せる。 創始期にはボーカルとラッパーとしての技量はまだ足りない点が多いという評価を受けた。 でもシュガ、ジェイホープ、RMラッパーラインの3人は常に作詞·作曲クレジットに自分たちの名前を入れており、2015年~2016年の花様年華シリーズではボーカルラインであるジン、ジミン、ヴィ、ジョングクの名前も作詞·作曲クレジットに名を連ねている。 2017年のアルバム「YOU NEVER WALK ALONE」ではRMがプロデュースに参加し、作詞とコーラス、サビ部分の作曲を担当した「Spring Day」で活動し、現在は全メンバーが作詞または作曲できるほど音楽的に成長している。

アルバムのコンセプトとミュージックビデオそして歌詞に文学や映画のせりふを参照した(またはそう見える)部分が多い。 『花様年華pt.1』、『花様年華pt.2』、『花様年華Young Forever』のアルバムシリーズでは映画『花様年華』を、『WINGS』ではヘルマン·ヘッセの小説『デミアン』をそれぞれテーマに世界観を構築したのがその事例である。 「春の日」のミュージックビデオに登場する旅館「オメラス」は「アシュラーK」。 ルギンの短編小説『オメラスを去る人々』から取った。 その他にも、歌詞の所々に文学や映画の台詞を借用したものと見られる部分がある。 端的な例としていくつか挙げると、『Serendipity』で使ったキム·チュンスの『花』、『Pied Piper』で登場する映画『お嬢さん』のセリフ、FESTA 2017のネッシー(4o'clock)の歌詞に登場する映画『ムーンライト』のセリフなどがある。

パフォーマンスもBTSが注目されるようになった大きな要因のひとつである。 ビッグヒット·エンターテインメントの振付師、ソン·ソンドゥクが前振付を管掌している。 注目を浴びる以前から引き続き難易度の高い振り付けを見せている。 2人のメインダンサージェイホープとジミンを筆頭にしたダンスラインがそれぞれ違うスタイルで激しい振り付けを消化し、センターを比較的均等に交代で占める。 振り付けのクオリティの高さにより、学園祭や路上での「Boy In Luv」、「I NEED U」、「Dope」、「FIRE」などのBTSカバー公演は非常に多く見られる。

SNSのアカウント運営やインターネットの個人放送を活用するグループだ。周期的に膨大なメディアコンテンツをYouTube、V LIVE、Twitterなどを通じて提供する。このおかげで高いRT数、疎通指数、SNS活動指数、評判順位を記録している。 2016年下半期からはアイドルブランドの評判で1~3位を記録している。

グループ内ではメインラッパーRMとリードラッパーシュガを中心にしたラッパーライン(シュガ、ジェイホープ、RM)、メインボーカルのチョングクとリードボーカルのジミンを中心にしたボーカルライン(ジン、ジミン、ヴィ、ジョングク)、メインダンサーのジェイホープとジミンを中心にしたダンスライン(ジェイホープ、ジミン、ジョングク)によく区分される。 メンバーの性格もハイテンションなことで有名だ。 ユーチューブのBANGTAN TVチャンネルを通じたバンタンバーム(BANGTAN BOMB)という名前でアップロードされる映像で、メンバーたちが遊んでいる姿やいたずらをする姿など、楽しい姿を見ることができる。

4.1 音楽スタイル[編集 | ソースを編集]

全般的に10代と20代の若者の考え方と悩み、人生と愛、夢と逆境を主要テーマにした歌を通じて自分たちだけの世界観を構築しており、連携した物語を様々なミュージックビデオを通じて有機的に紐解いていくスタイルである。

学校シリーズ3部作の《2 COOL 4 SKOOL》、《O!『RUL8,2?』、『SKOOL LUV AFFAIR』では、アルバム名からも感じられるように、10代の人々が感じる人生、愛、社会の強要と不条理を10代の頃からかなり熾烈に生きてきた彼らの視点とエネルギーで表現している。 不平ばかり言いながら受動的に、考えもなく生きていく10代の若者たちに「お前は何だ?」のような質問を投げかけることもある。

相対的に少し長かった空白の後に現れたミニアルバム『花様年華pt.1』を基点に20代の若者たちの苦情を現し始めているが、実際にもこのアルバム活動の時からメンバーたちが以前よりもっと成熟したことを肌で感じることができる。 この時からN放世代、情熱ペイ、箸階級論に代表される社会不平等、地域感情など大学生以上の若者たちが経験し始める話が歌詞に登場する。

BTSを本格的に世界に知らしめた正規2集『WINGS』に移行してからは成長した音楽性とともに、青春が成長するにつれて経験する苦痛と誘惑、そして成熟について語る。 時々、歌の歌詞で特定地名や商標に直接触れることもあり、地上波放送不可の判定を受けることもあるが、一部のアルバム収録曲に該当する。

その次のアルバムである『YOU NEVER WALK ALONE』は、『WINGS』の後続アルバムで、『WINGS』のアルバム収録曲とともに「春の日」、「Not Today」、「Outro: Wings」、「A Supplementary Story: You Never Walk Alone」を追加収録して発売された。 「一緒なら笑える」というメッセージを込めて、この時代を生きている青春に渡す「癒し」と「希望」を込めた。 特にタイトル曲の「Spring Day」は発売から約3年後もMelonチャートにランクインしており、ファンと大衆の愛を続けている。

LOVE YOURSELFシリーズは全3部作で、純粋な少年が恋を始めた時の感情を込めた『LOVE YOURSELF承'Her'と別れに対するBTSの見解と二重的なメッセージを込めた『LOVE YOURSELF轉'Tear'、結局、私を愛することが真の愛の始まりだというメッセージを込めた『LOVE YOURSELF 結'Answer'swer. 起承転結を意味する漢字を一つずつアルバムに使っているが、'起'の行方を知りたい方たちはLOVE YOURSELF起 'Wonder'参照。

『BTS WORLD OST』は計4つで構成されている。 「Dream Glow」はジン、ジミン、ジョングク、Charli XCXのユニット曲だ。 希望的な歌詞を通じて、夢は見ているうちに一番幸せなことであり、夢を見ているなら、まだ諦めたわけではないという内容を盛り込んでいる。 「A Brand New Day」はヴィ、ジェイホープ、Zara Larssonによるもので、最初からユニークな音色が際立つ。 怖くて恐ろしい気持ちもあるが、自分の中の声に集中すれば、夢を叶えるという意志を歌った。 「All Night」はRM、シュガ、Juice WRLDが共同作業した歌で、90年代の感性を感じられる曲だ。 BTSが夢に向かって昼夜を問わず走り続ける姿を歌う。 全般的に希望的なメッセージを盛り込んでいる。

現在進行中のMAP OF THE SOULシリーズは、『MAP OF THE SOUL:PERSONA』のアルバムでファンへの愛を、『MAP OF THE SOUL:7』のアルバムでは7年目となるBTSが自分を振り返る物語を展開している。

「Dynamite」はビルボードホット100で1位になったことで大韓民国にもたらす経済効果は少なくとも1兆7千億ウォンであることが明らかになり、世界の人々が苦しんでいる時に「Dynamite」が持つ意味と影響力は相当なものである。 まさに、全世界の人々の心を治癒してくれる「感性ワクチン」と呼ぶに値する。このように全世界的にファンと大衆を魅了させたBTSは名実共にワールドワイドスーパースターになったと言っても良いだろう。

5 ユーチューブ閲覧数推移[編集 | ソースを編集]

2020年YouTube最多再生数1位(49億6500万ビュー)

現在BLACKPINKと共にK-POPアーティストの中でトップクラスのYouTube閲覧数を記録しており、音源発売毎に記録を更新している。 新たに発売した曲のプロモーションビデオのクリック数は、世界初の24時間内の1億110万ビューというユーチューブでのクリック件数の最短期間でトップの記録を達成した。過去のミュージックビデオの再生数も着実に増えているが、これはカムバックの度に国内外的にファンの数が広がっているためとみられる。 特に急激な成長を見せる海外ファンのおかげで、デビュー初期のミュージックビデオたちから持続的なクリック件数の増加傾向を謳歌している。 K-POPボーイズグループの中で2017年前まではビッグバンがYouTube再生数で上位圏を占め、その後BTSのミュージックビデオが世界的な人気を集め、「K-POPグループYouTube再生数で上位圏」を多数獲得し、今後も引き続き上位圏を掌握するものと予想される。 関連統計の映像BTSだけを見たければ、2分40秒以後から見ることができる。

現在保有しているミュージックビデオの再生数を全て合わせると100億ビューを超えるほどだ。 以下にはミュージックビデオの閲覧数の推移を簡略化し、重複して表記している。

6 余談[編集 | ソースを編集]

  • メンバー全員が無宗教である。 また、7人とも個人のインスタグラム、ツイッターのような公式SNSアカウントを所有していない。
  • 今は構わないが、最初はメンバーが「BTS」というグループ名に対して恥ずかしがっていたそうだ。デビューを前にメンバーがジムに行った時、ある男性の方が「グループ名は?」と聞いたら、メンバーが「まだ決まっていない」と答えたそうだ。もちろん、今はメンバーみんなBTSという名前を好んでいる。 そして、そのグループ名に疑問を提起した書き込みもあった。
  • 7人のメンバーの中でソウル出身はRMだけで、メンバーの中でジミンとジョングクは釜山出身、シュガとヴィは大邱出身だ。 つまり、メンバーの半分以上が慶尚道出身。 事務所が一生懸命この4人のなまりを矯正しようと試みたが、メンバーの過半数が東南方言を駆使する状況で、無残に失敗したという。 ボーナスで全羅道(チョルラド)方言はおまけ。 今でも公式の場でも西部弁を話すのが聞こえる。 さらに、メンバージミンとヴィは「マンダコ」というタイトルの東南方言特集(?)個人放送も行った。
  • 着実にカバー曲を上げるメンバーのジョングクがチャーリー·プースの『We Don't Talk Anymore』をカバーし好評を得た。 公式ユーチューブチャンネルにアップロードした黒いスクリーンだけが流れ、字幕もないカバー映像が1ヵ月で460万ビュー以上を突破した。 さらに2017年3月25日にはオリジナル歌手のチャーリー·プースが自身のツイッターに「BTSの音楽が好きだ」と書き込んだ。
  • 2018年8月BANGTANTVのYouTube購読者数が1000万を突破し、ダイヤモンドクリエイターアワードでK-POPボーイズ初のダイヤボタンを獲得した。 2021年1月現在の購読者数は約4,220万人である。
  • RMがヒップホッププレイヤのインタビューで述べた話ところによると、本来は今のようなアイドルではなく、ワンタイムのような正統ヒップホップグループとして作られる予定だった。 つまりアイドルとしてデビューしようと入ってきたほとんどの練習生とは違い、RMはアイドルとしてデビューするつもりはなかったのだ。だが結局本人もアイドルとしての活動に非常に満足しており、同時にミックステープ発売などヒップホップ人としての歩みも多く見せてくれている。

「BTSと米国に入国拒否された反米政治団体"防弾青年団"という名前のため、名前を混同し誤って誤認することもあり、BTSが激しく非難される不祥事もあった。

  • ロールモデルは神話だそうだ。デビュー当初はチームのスローガンもなかったので、メンバーの間で挨拶のタイミングが合わず、神話のメンバーが別々に呼んで指摘し、その後、スローガンを作って挨拶するようになったという。
  • BTSが神話の「This Love, T.O.P」と「Perfect Man」をカバーし、その映像を「私一人で暮らす」で金ドンワンが見ながら感嘆したこともある。 おそらく、BTSのパフォーマンスディレクターのソン·ソンドゥク氏が、神話のバックダンサー出身なので、神話のカバー曲がとりわけ多いと見られる。 その他にも『イケメンブロマンス』でジョングクとイ·ミヌが共演して親交を深めたり、イ·ミヌが第2の神話としてBTSを挙げるなど縁がある。 アイドルルームでエリックも最も注目する後輩としてBTSを挙げた。 神話とBTSは、メンバーだけで作曲、プロデュース、振り付け製作が可能な点、強くて男らしい雰囲気、迫力溢れる振り付けと華やかなパフォーマンス中心の舞台を繰り広げること、ラッパーが3人でボーカルが4人、メインラッパーがリーダーでデビュー前から優れたダンサーだったメインダンサーが2人、力が天下壮士級の末っ子がいる末っ子の「末っ子オントップ」、両翼が2人いる点など、似ている点が多い。
  • メンバーたちが大体BIG BANGのファンで、彼らの影響をたくさん受けた。 デビュー後のインタビューでロールモデルにしているグループとしてBIG BANGを挙げ、実際の控え室でビッグバンの歌を流して歌っている姿がよく見られた。ジョングクはG-DRAGONの「Heartbreaker」を聴いて歌手を夢見たといいアメリカのインタビューではBIGBANGの「HARU HARU」を聴いて音楽的な影響を受けたと語った。 特にG-DRAGONのファンのようだ。 ヴィは高校の時、テソンの「Look at me, Gwisun」を友達の前で公演し、反応が良かったので歌手を夢見ており、授賞式などビッグバンの公演を見ると、多くのリアクションがファン以上だ。 パク·ボゴム、ジン、ジミン、ジョングクと一緒にBIGBANGのコンサートに来た姿が映った。 ジミンもインタビューで一番憧れる歌手に「太陽」を挙げた。 ジェイホープは、ビックバンの元メンバーのスンリが運営したダンスアカデミーで、コン·ミンジやユノ·ユンホなどと一緒に、ダンスの実力を育ててきた。記事が出た当時は、人々がビッグバンをアンプルにして広報すると嘲弄した。
  • 日本でBTSに倣った(?)弾道少年団が誕生した。 書き込みには、未来のシルクチョッキ少年団が中国から出てくるという。
  • マスコミや報道番組でも多く取り上げられているK-POPアイドルの1人として知られている。
  • 2018年Mnetアジアンミュージックアワード香港で3つの大賞のうち最後の大賞である「今年の歌手」を受賞し、メンバーたちは2016年のMAMA大賞以降再び目頭を熱くした。 ジェイホープ、ジミンは受賞の感想に「心理的に大変だった」と言及し、殺到する全世界の関心と望まない彼らの肩に負わされた国家代表アイドルという責任がどれほど負担だったかを感じさせる。 ジンは「解散を悩んだ」と言うほど。 これに対しファンは「賞をたくさんもらって鈍くなると思ったが、そうではなかったのか」「あの位置でまだあんなに素顔で泣けるなんて」「それでもみんなが乗り越えて一緒に過ごすと決めてくれてありがとう」という反応を見せた。
  • ネイバーウェブトゥーン「花様年華Pt.0<SAVE ME>」を見ると、登場する人物7人の名前がBTSメンバーの名前(本名)である。作家もBig Hit Ent.LICOである。
  • BTSの人気により、全く無関係に見える分野の関心につながることもある。 それは5.18光州(クァンジュ)民主化運動。 花様年華pt.2 に収録された'Ma City'で間接的に5.18 を言及している。 このため、歌詞の意味を求めて光州の5·18史跡地を訪ねてくるファンも増えた。
  • 2019年に行われた年末授賞式メロンミュージックアワードとMnetアジアンミュージックアワードでそれぞれ4つの大賞をすべて受賞した。 一人の歌手(グループ)が年末授賞式の対象をすべて総なめしたのは今回が初めて。 続いて2020年にも各授賞式ですべての大賞を受賞した。
  • BTSこの時代のアイコンであり、ビートルズ、ソ·テジワアイドルを継ぐ未来のクラシックになるだろうという記事が掲載された。
  • ジンを除いたメンバー全員がグローバルサイバー大学の学士号を取得、ジンは在学中であり、ジョングクを除いたメンバー全員が漢陽サイバー大学院に在学中である。