捨てられた皇妃
버림 받은 황비/The Abandoned Empress
The Abandoned Empress.png
脚本 SUYEON
作画 iNA
ジャンル 恋愛、ファンタジー
出版社 D&CWEBTOONBiz
ウェブサイト 捨てられた皇妃(小説)(Yuna)


1 概要[編集 | ソースを編集]

韓国のロマンスファンタジーウェプトゥン。作画はiNA、脚色はSUYEON。同名のウェブ小説捨てられた皇妃(小説)をウェブトゥーン化した作品である。

2 あらすじ[編集 | ソースを編集]

モニーク侯爵家に神のお告げにより産まれた「アリスティア」 未来の皇后として育てられた彼女だが、あ 
る日異世界から やってきた少女「美優」の出現で皇后ではなく皇妃として 迎えられることに… そんな中 
反逆罪に問われ心血を捧げた甲斐もなく儚く散り逝くのだが… 目覚めたら9歳の自分に転生!? 転生した 
「アリスティア」の残酷な運命は繰り返されるのかーー!
Source:ピッコマ

3 連載状況[編集 | ソースを編集]

  • 韓国カカオページで2017年6月11日から毎週火曜日に連載されている。
  • 2018年2月17日に46話でシーズン1完結(韓国)。
  • 2019年5月21日に87話でシーズン2完結(韓国)。
  • 2020年4月7日以降に休載に入った。ストーリー整理のための長期休載だったという。原作の結末に対する炎上がおさまらずにいた状況だったから、結末を変えることについて真剣に悩んでみる必要はあるようだ。そして2020年8月11日に118、119話と4ヶ月ぶりに帰ってきた。
  • 2020年8月18日、120話から脚色作家SUYEONが参加することになった。

4 設定[編集 | ソースを編集]

4.1 設定上の矛盾[編集 | ソースを編集]

4.1.1 時間帯の矛盾[編集 | ソースを編集]

  • アリスティアの10歳の誕生日の贈り物

アリスティアは10歳の誕生日が間もない時点で過去に回帰した。だから回帰した当時10歳である。その後、最も早く今後の誕生日は11歳の誕生日になる。小説では、彼女が父親に初めて受けた誕生日プレゼントが11歳の時に受けた人形なのにウェプトゥンでは10歳で初めて父に誕生日プレゼントとして剣受けたという。その後、少なくとも彼女が9歳回帰をしなければならない。 さらに、ケイル中アリスティアが最近剣術を学んで誕生日プレゼントに剣を与えたしたがそもそも9歳に剣術を学び地図なかった。

  • ケイルアンとジェレミアの最初の出会い

ケイル内はまだ彼が爵位を受ける前のモニーク零式頃、ミールカーンに沿って平民地球に視察を行った時の襲撃受けるジェレミアに会った。その後、ミルカーンは彼モニーク永存と呼ぶが、「侯爵」と呼んだ。

  • アリスティアの死刑日

回帰前に、アリスティアが死ぬ時の季節は、彼女の誕生日が過ぎて数日していない夏だった。ところが死刑場で吹雪が吹き荒れ打つ。

4.1.2 キャラクターの外見[編集 | ソースを編集]

  • 変わりすぎたキャラクターの外観

キャラクターの外観がひどく変わった代表的な例として、リサ王女がある。彼女は敵ブロンドのシアン目を持っていた小説に描かれている。しかし、ウェブトゥーンは薄茶の髪に薄茶の目を持っている。彼女の父親であるリサ王国の王道シアン目と敵ブロンドの髪を持っているというのにこうなるとした王家の外観をすべて変えてしまうようになってしまう。さらにこのキャラクターは外伝で単独のエピソードまで受けるキャラクターだ。別の例としては、ジェノアヨンエがある。彼女は、元の薄茶の頭と緑の目を持っていたウェプトゥン化されヌンセクが赤く変わり金褐色の髪を持つようになった。

  • 黒髪黒目

小説を見れば、ただただけでは黒髪黒案持っていると出てくる。[4]捨てられた皇妃/登場人物の記事を見れば分かるモニーク後の作家の執事アランやバットがの後継者ダニエル三バットなどのいくつかの人物の描写が黒髪黒の中に出てくる。このようにすると、エキゾチックという特色が消えるようになる。そうなれば、ティアは建てを見たときどのように「大陸には存在しない漆黒の黒髪と瞳、この世界の少女の出現であった。」とすることができない。いっそ茶色や赤褐色のような黒と同様の色にした場合の衝突がなく良かったのだ。

4.1.3 衣装の矛盾[編集 | ソースを編集]

  • ルア王国

原作者ジョンユナ作家の後続作である女王のためのレクイエムは、Lua王国が背景状態である。そこよると、Lua王国はアラビア文化圏の国ではない。[5]しかし、Luaの王女プリンシアの服装を見ると、ちょうどアラビア圏国家の女性が着る服であることを知ることができる。 このエラーの反論に、Luaの王室の伝統衣装は露出が多い言及が女王のためのレクイエムに登場する。また、Lua王国で、普段は帝国スタイルの服を着ると出てくる。だから代表として参加したルア王女が伝統服飾を着ているしてくれることができる。再反論にはプリンシアの服装を見ると、体つきが他の服に比べて、よりあらわれること以外特に露出がひどく見えない。胸の谷間が見えるなどのより露出が激しい服もありますが、彼女の服は、特にひどく露出が多くはない。また、露出度の高い服がアラビア圏の服装という言及はなかった。 むしろ作中星の割合がないソノ王女やシャプ王女にプリンシアが着る服を着るのが作家の後続作と衝突が生じないよい。

  • 124〜131話のティアの制服

ウェプトゥン124話でティアは17、18、22カットで、第1騎士の服を着ているが、小説の通りなら、2記事られた服を着なければならない。なぜならティアが再び騎士団に復帰しケイル案2騎士団に勤務地を移し、4巻以降に第2騎士団で勤務することになったからである。そして政治パートでは、ローブを着るとしたが、続けて1騎士団のユニフォームを着ている。何よりもそもそも毒中毒になった目を覚まし暖地間もなく[6]復帰した点も変だ。

4.1.4 その他の矛盾[編集 | ソースを編集]

  • モニーク騎士団

小説では、モニーク家所有の個人騎士団があった。つまり、ケイル案2騎士団の団長とモニーク騎士の団長を両方担当しているのだ。モニーク騎士団の人々は、モニーク屋敷の現場で訓練し、2騎士団の記事は皇居の2騎士団の建物演舞場で訓練する。しかし、ウェプトゥンでは、この二つの騎士団をすべて合わせてしまい、2騎士団員がモニーク侯爵私の訓練になってしまう。 モニーク・ガガ兵を持つようになった理由も別に存在してかなり大きな意味がありますが合わせてしまったのだ。アリスティアとジェレミアを殺そうとは貴族派の人のためにモニーク侯爵がラス工作、ミールカーン皇帝と協議して、帝国法禁止されて兵士を持つようにされたものである。

  • かんざし

明らかにかんざしは、回帰前の実力が優れた一細工師によって最初に作成されたとした。ところが、アリスティアがかんざし細工師を説得するために彼に尋ねる化の開始であるウェプトゥン82話を見ると、リナがアリスティアの頭を飾るために使用された装身具かんざしということが分かる。このようにすると、その細工師によってかんざしが最初に作成されたものではない。

5 原作との違い[編集 | ソースを編集]

  • シーズン3では、主要人物の中で誰かの歩みに変化があるとする。現在まで特に変わった点とはルーブルレスの言い方程度にすぎない。そしてウェプトゥン126話でアリスティアがソクニョという言葉を聞いて、貴族たちに向かって破談をするだろうが、自分にもムーアといえば堂々と対抗する。というのにウェプトゥンは後半言葉切られ破談するとだけ言う。これ思ったより大きな意味であるのが後半言ったので、アリスティアが4-5巻を通して政治に巻き込まルーブルリースと近くに過ごすしかないのに、この言葉が出なかったことを見ると、本当に誰かの歩みに変化が来るようだ。
  • 小説では、後半に公開された内容がウェプトゥンではまだその部分ではないのに公開された場合がある。代表的にケイル眼科エルニアの婚約関係は小説5冊の後半に出てくるがウェプトゥン82話では、ルーブルリースの出身については、小説4巻中盤に出てくるが115話に出た。
    ただし小説を見た人は分かる82話に出てきたシーンは、ティアが皇后に確定された5巻の後半でカルセインがティアに告白の代わりに別れを告げるの部分のように出てくるセリフだからカルボン歳とティアの感情書士にとって非常に重要な部分であり、115話の内容は、ミールカーン皇帝の局長日ティアとルーブルリース皇帝が庭で交わした対話の内容であり、このダイアログを基にした後ルーブルリースがティアの心に希望をかけて見ることができようにした決定的な場面である。ところがこれがすでに出てきたのは、原作の2つのシーンだ修正をするという意味だ...2つのシーンも恋愛書士にとって非常に重要な部分なので、原作のシーンをどのように解放いくのか気になる。作家が言った「主要人物の中で誰かの歩みに変化」との関連がありえても...

6 余談[編集 | ソースを編集]

  • 129話まで進んだ現在結末に対する批判と擁護のコメントが梅に互いに戦っ騒動でもないのに、これは1話より足すドヘトジ少ないtはいない。どうしても結末について誰とどのようになるね方向性がウェプトゥンでどのような事件などで決定的に出なければなら一段落さそうだ。しかし、最終的にはウェブトゥーンでルーブルリースとアリスティアが続くものと出た。
  • iNA作家の長期休載後、ウェプトゥン作画不安定になったという反応が増えた方だ。また、ところどころ以前に使用した画像をコピーした画像も増えた。梅複数のカットが休載前描いた作画をそのままコピーしたり、衣装だけ変えたり表情を変えただけのカットがたくさん増えた。
  • 2020年ピッコマで最も読まれた作品6位となった。[1]